ポラール心拍計、おすすめモデルは?

f0221258_1251690.jpg

ポラール・トレラン・アカデミーにスタッフとして参加してくれた、頼れる仲間ブルゴーニュさんからもメッセージを頂きました!



こんにちは。Bグループを担当したブルゴーニュです。ポラール・トレイルランニング・アカデミーご参加頂きました皆さん、お疲れ様でした。当日は晴天に恵まれ、楽しい時間をご一緒できました。

さて、今回のアカデミーは「 ある程度のランニング経験がありトレイルランニング及び心拍トレーニングに興味、関心のある方。レベル・心拍計の使用経験は問いません。」と募集させて頂きましたが、ご期待に添えていれば嬉しいです。

講義の合間に
どのモデルが私には合う?
上級モデルでも使いこなせるかな?

など様々なお声を耳にしました。機能も価格も様々ですし、皆さんのホンネを垣間見(笑)、昔の自分を思い出しました。

私がポラールを使い始めて5シーズン目になります。使い始めたのは、トライアスロンの練習パートナーの影響でした。非常にクレバーな方で、年間トレーニングプランを正月に立て、期分けと目的を持って日々取組んでいらっしゃいます。(ロングディスタンスの世界最高峰、アイアンマン・ハワイに2度出場されました)

そんな氏からいつも指摘されていたのが、ペースの不安定さでした。
練習前半は心拍が上がっても楽に感じるのでオーバーペース気味で、後半はバテバテ。

レースでも、感覚に頼ったペース配分で、練習のわりに成績が上がらず、修正点も判らないまま練習を続けていました。

氏の影響で2006年春にポラールアキュレックスプラス(当時でもビンテージ?)を入手、練習内容も見直し当日のテーマに応じ心拍数を管理するようにしました。その年の大会ではバイクで目標より追い込みすぎてマラソンで足が止まってしまいましたが、心拍トレーニングの効果に手応えを感じました。(この失敗でより厳密にコントロールするようになりました)
導入前と比較し、10時間の長丁場を一定の心拍で動き続ける方が
負担が少ないのにタイムが良く、目からウロコが落ちた思いでした。

翌2007年夏にRS200に乗り換えるも秋のマラソンでペース把握と心拍変動の重要性を痛感し、2008年1月にフットポッド付きのS625Xへ。
土地ころがしなら儲かってウハウハですが、心拍計ころがしは散財してシケシケになりました。(スミマセン)

高機能化が進み使いこなせないという不安も耳にしますが、散財した経験から申し上げますと

・PC転送(平均心拍だけでは、乱高下が判らない)
・リアルタイム速度(フットポッドやGPS付)
・標高(トレイルでは頂上との高度差を見て、頑張りを加減する)
・心拍数の精度(エラー値が多いと役に立ちません)


という理由で上級モデルをオススメします。

決してお安くはありませんし、不安が先立つかもしれませんが清水ジャンプして下さい!
エリートよりも、伸び代の多い平均レベルや脱初心者を目指すエイジグルーパーに是非試して頂きたいと思います。
f0221258_19241.jpg

[PR]
by teamdirtyhoney | 2010-05-21 01:28 | メンバーの日記